大人のためのレトロティスト・ファッション・スタイルは、けっこう研究しないと失敗もしやすい。レトロと言えば聞こえがいいが、間違えると単純に古臭く老けた印象になってしまう。それはなにより、色や形選びにあるのだと思う。
学生のとき、自分を昭和系と称していたほど、とにかくこの時代の古めかしい洋服が大好きな私。当時からそれ風の今作った服が嫌いだった。嘘はいけない、嘘は。なんて思ったりしていて、それは今もそんな感じ。


だがこっち系の服は同じ種類のひと以外にあまり受けないのでご注意を。モテるレトロ・ファッション・とは、即ちバービードール的ワンピースを指す。服以外はすべてナチュラルという、納得のゆかぬ程度におさえることが肝心。
ヒッチコック映画に出てきそうなクラシカルなスーツスタイルは、女性なら一度は袖を通してみたいものだが、これもよほど上質にしっかりまとめないと、授業参観のお母様に転ぶ危険が。


レトロな服の定番、シャツやワンピースには茶系など、おばたまカラーがけっこう多い。安易にそれらに手を出す前に、華やかに着るのは難しいのだと頭に入れておくように。うららかな春の日に茶色い古着ワンピースを着る人に出会うことが妙に多いのだが、それは秋色のなのだ。と、キリキリする。
クラシックな映画の女性たちの控えめな美しさはオフィスでも大活躍。アイラインも太めにキリッと。リップライナーもしっかり引いて。ジャワリーン・ケネディみたいなパールづかい。